Keyboard

【自作キーボード】その2:組み立て編

5月 18, 2018

Aliexpressで購入していた全ての材料が到着しました。
4月17日に2店舗にわけて注文して、ひとつは4月24日着、もうひとつは5月1日着でした。

こちらが今回購入した材料になります。
詳しくは【自作キーボード】その1:材料購入編を確認してください。

奥のキーボードは手持ちのPOK3Rです


まずはスタビライザーを組み立てます。
方向がわからなかったので、Youtubeで動画を探してきて組み立てました。けっきょくぼんやりとしかわからなかったのですが、向きを見てなんとなく作ってみました。

バーをはめ込む時、割れるんじゃないかとビクビクしながらやったよw


組み立てたスタビライザーをPCBにはめていきます。
Modキー(ShiftキーやEnterキー等)は実際のキーキャップをはめて位置を確認しながらやりました。カチッと音がするまでけっこう強い力で押し込む必要がありました。
スペースキー以外はバーが下側。スペースキーはバーが上側になるようにはめ込みます。

安いクリアのスタビライザーにしたら、音がシャコシャコ安っぽい音がするw


次は、Switchをプレートに取り付けていくんですが、今回買ったSwitchは5pinだったので不要な2pinをニッパーでカットしていきます。元々3pinのタイプはこの作業は不要です。
しかし、とても地味な作業w


地味だけどいがいと癖になる作業w


プレートにSwitchを取り付けます。
PCBとプレートは色々なレイアウトに対応するために穴が沢山空いています。
ここでもModキーは位置を確認しながら、自分のやりたいレイアウトに合わせてSwitchを取り付けていきます。



パチパチパチパチはめていくのが楽しい


いつでもいいのですが、ここでケースの裏にゴムの足みたいなのを取り付けました。



全てのSwitchがついたら、PCBの裏側にはんだ付けを行います。



こまめにはんだの汚れ?をとるとスムーズかつキレイにできるとおもいます!ました!


全てのはんだ付けが終わったらキーが正しく反応するか確認します。
適当にキースイッチテストのアプリをインストールしました。

キーキャップを取り付けて完成です!(キーキャップは仮です)

ちなみにUSBケーブルはZap Cablesでオーダーしたお気に入り


はじめてのキーボード組み立て。
作業は1時間半くらいで終わりました。とても簡単だったので材料さえ揃えれば誰でもできると思います。たぶん!楽しかったのでまた作りたい!
今度はRGBのホットスワップPCB?のキーボードを作ってみたいです。


タイピングの様子の動画を撮ってみました!



Keyboard

【自作キーボード】その1:材料購入編

4月 20, 2018

キーボード好き界隈で最近盛り上がっている自作キーボード。

自作と言っても、Kitを組み立てる比較的簡単なものから、3Dでパーツから作っちゃうようなものまで様々です。わたしはそこまで組み立てに拘りもないので決まったパーツを用意して組み立てることにしました。

まずはどんなキーボードにするか?
今使っているのはPOK3Rという60%キーボードで、コンパクトなサイズ感が気に入っています。
ちなみに、フルサイズのキーボードが100%とすると、テンキーレスは80%、テンキーレスから少しキー数が少ない75%、さらにファンクションー無しの60%、さらに数字キー無しの40%、その他64%とか、キーが2個の2%とか色々あるようです。

今回は使い慣れている60%サイズに決定!
昨年10月にMassdropで注文済みのキーキャップをPOK3R用に準備していることもあり、61キーじゃないと数が足りないのですw


購入したパーツ

PCB

いわゆる基板です。GH60をいうPCBを購入しました。



プレート

Switchをはめる板です。
キー配列が自由にできるタイプがありますが、今回は標準的なANSIでいくので60%用ならどれでもよさそうでした。色はブラックをチョイス。


ケース

素材によって値段が変わります。
プラスチック製は1,500円程度。アルミケースは5,000円くらいします。
他にUnderglow(ケースの底がRGBで光る)に対応した透明ケースやウッドケースなど色々あります。どんなキーキャップにも合うように無難にブラックのアルミケースを選びました。


Switch

Switchの違いで打鍵感がかなり違います。
色々比較したことがなく知識もないので、今回は静音性にだけ拘ってGateronの静音モデル、Silent Redにしてみました。



スタビライザー

スペースキー等の2U以上のキーのグラつきを抑える役目があります。
なんとなくSwitchと合わせて透明にしてみました。



キーキャップ

今回は注文しませんでした。
とりあえず手持ちを使用して、Massdrop注文分が届いたら交換する予定です。

注文しているのは「MiTo DSA – Legacy」です。
仕上がりイメージはこんな感じになる予定!たのしみです!



GH60 PCB:26.90ドル
プレート + スタビライザーのセット:20ドル
アルミケース:45.99ドル
Gateron Switch Silent Red:25.94ドル
合計:118.83ドルでした!

LEDもつけるとなるとプラス5ドル程かかります。(前に買って使ってないLEDを使用予定)


材料が届いたら続きを書きます!たぶん( ^ω^)


twitter

YouTube